文具
インテリア雑貨
ガーデンツール
掛け時計・置き時計
リサ・ラーソン
バーズワーズ
デザイナーズ家具
照明器具
工具・ツール
バス&ユーティリティ
ビューティー&ボディケア
テーブルウェア
キッチン雑貨
デザイン雑貨
玩具
アウトレット
ブランドやメーカー
ブランドやメーカー
デザイナー
価格で選ぶ
完売品
THE LAUNDRESS / ザ・ランドレスのブランドロゴ
HASAMI PORCELAIN / ハサミ・ポーセリンのブランドロゴ
POO~POURRI / プープリのブランドロゴ
BIRDS’WORDSのブランドロゴ
BACSAC / バックサックのブランドロゴ
BRAUNのブランドロゴ
eva soloのブランドロゴ
PHILIPPIのブランドロゴ
つくし文具店のブランドロゴ
MoMAパーマネントコレクション
グッドデザイン賞
reddot desiign award
iF design award
コンパッソ・ドーロ賞

包丁工房タダフサ「万能125mm / ペティ」

インテリア雑貨メイン画像
Item No.43830384
インテリア雑貨ミニ画像
¥7,020
(税込)
140 POINT
在庫切れ
数量
完売
包丁工房タダフサ「万能125mm / ペティ」のサブ画像1
包丁工房タダフサ「万能125mm / ペティ」のサブ画像2
包丁工房タダフサ「万能125mm / ペティ」のサブ画像3
毎日の料理に女性が使いたくなる包丁工房タダフサの包丁シリーズ。【基本の3本 / ペティ】
1600年代から続く鍛冶の町・新潟県三条市にて、昭和23年に創業して以来、業務用・家庭用を問わずあらゆる包丁を一貫して職人の手作業によって製造している包丁メーカー「タダフサ」。800種類を越える包丁を手掛けてきた同社が新しく立ち上げたブランド「包丁工房タダフサ」から、「女性が使いたくなる包丁」と言うコンセプトのもと、種類が多くどれを選べば良いか分かりづらい包丁を、まず最初にこれがあれば充分という「基本の3本」と料理の腕が上がったら次に揃えたい「次の1本」の7本が誕生しました。

家庭での使いやすさを考えた「女性の視点」×「素材選び」×「職人の技」
一般家庭で主に女性が使う場合がほとんどであるのに、女性が使いたくなる包丁が無いことに着目。包丁のデザインにはOMRON「電子体温計 けんおんくん」や 野田琺瑯「White Series」等を手掛けた、日本を代表するインダストリアルデザイナー・柴田文江を起用。生活に溶け込みながらも存在感を失わず、女性ならではの細やかな配慮が行き届いたデザインに仕上がっています。

包丁の刃には鋼より若干切れ味が劣るものの錆びにくいSLD鋼を採用。その外側を錆びにくいステンレスで挟むことで、日常でのメンテナンスのしやすさと切れ味を両立しています。また、ハンドルには特許技術から生まれた栗材の抗菌炭化木を使用。木材を炉の中で燻製状態にして炭の一歩手前の状態にすることで、菌の栄養分となる水分や栄養を無くし、菌が繁殖できなくなります。半炭化状態にすることで、木材そのものが持つ温もりや質感を残しつつ、毎日清潔にお使い頂けます。

最初に揃えたい基本の3本である万能125mm / ペティは、ジャガイモやニンジンの面取りや野菜の飾り切りなど、大きな包丁ではやりにくい作業に便利な小さな包丁。

パッケージは包丁の通い箱。工房ならではのメンテナンスで永く使う。
包丁の入った専用箱は、工房へ修理や研ぎ直しを依頼する際の通い箱になりますので大事に保管して下さい。また付属の問診票には、包丁の上手な使い方や切れ味を保つ為の研ぎ方など、包丁を永く上手に使う為のコツが日本語と英語で書かれています。「研ぎ直したいけど自分でやるのは不安」「刃が欠けてしまったから修理したい」などの修理や研ぎ直しに掛かる価格も分かりやすく掲載されています。
※ハンドル部分は天然素材の為、木目や色の濃さがそれぞれ異なります。予めご了承下さい。
ブランド
デザイン
プロダクト:柴田文江 / ロゴ:廣村正彰
サイズ
全長:228mm / 刃渡:125mm
素材
ブレード:ステンレス・SLD鋼 完全3層 / ハンドル:炭化木(栗材)
付属品
包丁問診票(日本語・英語表記)
備考
MADE IN JAPAN
配送区分
クロネコDM便不可 *詳細はこちら
最近チェックしたインテリア雑貨や輸入文具
インテリア雑貨や輸入文具のお薦めブランド
THE LAUNDRESS
blomus
JUNIO
eva solo
eva-trio
HASAMI PORCELAIN / ハサミ・ポーセリン
BACSAC
CHIGO PLAYTHINGS
セントロペン
つくし文具店
セラミックスタジオ グスタフスベリ
stelton
DANESE
FIELDCANDY
PHILIPPI
ページのトップへ戻る